全国の産業人クラブ

福島産業人クラブ

会長メッセージ

福島産業人クラブ会長 (株式会社福島製作所 代表取締役社長 百田昭洋)

 福島産業人クラブは、1983年(昭和58年)にいわき産業人クラブにつぐ東北地方で2番目の産業人クラブとして誕生いたしました。以来、今日にいたるまで、モノづくり産業を取り巻く環境の変化に対応した事業を通じ、会員企業の発展、さらには地域産業界の活性化に貢献することを目指してきました。


 日本経済は、先行きの不透明感を拭えない状況となっています。原材料価格の高止まりや深刻な人手不足、事業承継といった恒常的に山積する課題解決に向け、中小企業には持続可能な開発目標を設定するなど次の成長ステップを模索する事が求められています。


 福島産業人クラブでは、異業種企業との交流と親睦を通じ、会員相互の発展を目指してきましたが、今後もシンポジウム、講演会、県幹部との懇談会などの事業を通じ、最新の経営手法や技術情報との出会いの場を提供するとともに、産学官に金融を加えた関係機関との連携を強化していきます。特に産業人クラブの最大の特徴で強みでもある全国組織のネットワークを活用した企業視察ツアーなども実施し広域連携の推進に取り組んでいきます。


 福島県は、東北地方で第1位の製造品出荷額を誇る工業立県です。成長が期待される再生可能エネルギーや医療機器関連、ロボット産業などの集積促進の中核となる研究開発拠点が相次いで開所、着工するなど新たな飛躍が期待されています。この恵まれた環境を新たなビジネスチャンスの創出につなげるよう、今後も時代のニーズに応えた事業を積極的に展開してまいります。福島産業人クラブに対し変わらぬご支援をいただきますようお願いいたします。

会の紹介

 福島産業人クラブは、いわき産業人クラブが組織されている、いわき市を除く福島県内の会員企業によって組織されています。ひとつの県で複数の産業人クラブが組織されていることは珍しく、その特性を活かした情報交換、共催事業の開催など、積極的な連携を図っています。福島県にはいわき市をはじめ、郡山市、福島市、会津若松市など東北地方を代表する工業集積地があり、その中核を構成する企業の多くが会員となり活動しています。


 主な活動としては、知事・県幹部を招いての「知事を囲む産官懇談会」、開催時の関心事や課題をテーマに選定した「産業シンポジウム」の開催。他の地域との連携を目的とした工場視察ツアー、最新技術や管理手法を学ぶ技術フォーラム、講演会などを開催しています。その他の事業としては、学生の優れた事業プランを表彰する「キャンパスベンチャーグランプリ東北」への共催。優秀経営者顕彰、中小企業新技術・新製品大賞などへの参画など、多彩な事業をおこなっています。
今後も会員企業の経営に資する、時代のニーズに応えた活動を積極的に展開していきます。



福島産業人クラブ役員名簿


【会長】
株式会社福島製作所 代表取締役社長 百田 昭洋


【副会長】
笠原工業株式会社 代表取締役社長 笠原 賢二
北芝電機株式会社 取締役社長 清野 弘
加藤鉄工株式会社 代表取締役社長 加藤 利夫


【理事長】
日刊工業新聞社 東京支社長 拝原 泰介


【理事】
福島製鋼株式会社 代表取締役社長 福谷 宏介
ムネカタインダストリアルマシナリー株式会社 代表取締役会長 宗形 直治
日東紡績株式会社福島工場 福島工場長 小柳 亮太
財団法人福島県産業振興センター 理事長 鈴木 清昭
富士通アイソテック株式会社 代表取締役社長 西牧 正晴
株式会社マコト精機 代表取締役社長 古川 信吾
NECプラットフォームズ株式会社 福島事業所責任者 酒井 隆夫
キタシバ技研株式会社 代表取締役社長 工藤 範郎
協三工業株式会社 代表取締役社長 加藤 守
東開工業株式会社 代表取締役社長 伊藤 賢一
株式会社 キョーシン金型 代表取締役社長 引地 正樹
株式会社北斗型枠製作所 代表取締役社長 遠藤 正成


【監事】
株式会社エフ・イー・シー 代表取締役会長 高野 浩樹
有限会社福島熔材工業所 代表取締役社長 渋谷 修一


【事務局長】
日刊工業新聞社福島支局 支局長 髙平 裕哉

福島産業人クラブ事務局福島市太田町8-8-203(日刊工業新聞社福島支局内)
電 話:024-573-6105 FAX:024-573-6106 メール:y.abe@media.nikkan.co.jp

このページの先頭へ