全国の産業人クラブ

大分産業人クラブ

会長メッセージ

大分産業人クラブ会長 (池永セメント工業所社長 池永征司)

 大分県は、半導体や自動車、鉄鋼、精密機器、医療、食品などの関連産業が立地し、産業集積が新たな集積を呼ぶといわれる強みがある地域です。地場中堅・中小企業のキラリと光る自社技術、製品開発も活発です。ただ国内市場は少子高齢化や歴史的な超円高、急速なグローバル化の進展により、地場中堅・中小企業はこれまでにも増して一段と厳しい経済環境にさらされています。こうした国内の閉そく感を克服し、新たなビジネスを創出するには、技術や経営に関する考え方や取り組み方が異なる企業経営者が意見交換する異業種間交流が欠かせません。自社の殻に閉じこもるのではなく、相互に意見をぶつけ合う異文化に触れることこそ、企業経営者にとって大きな刺激となるはずです。さらに地域を越えて県外企業経営者と交流の輪を広げていくことは、貴重な財産になると考えます。
 大分産業人クラブは、このような熱い思いを胸に2012年3月に誕生しました。九州には産業人クラブ活動の先輩となる九州・山口産業人クラブがありますが、大分の30代、40代を中心とした若手経営者、役員、技術者などが参加して新組織を立ち上げたのが特徴です。グローバルに活動する県内外企業やアジア地域の海外企業との活発な異業種交流を通じて、会員相互の成長・発展を目指しています。
また産産・産学官連携を軸に会員が抱える諸課題の解決とビジネスチャンス拡大に取り組み、自ら事業を立案して次世代につなぐ企業経営者育成にも期待しています。まだまだ発足したばかりで成果を出すのはこれからですが、会員の意気込みは十分です。九州・山口産業人クラブの胸を大いに借りて、ぜひ全国の産業人のみなさんと交流の輪を広げていきたいと考えています。

会の紹介

大分産業人クラブ会員は、大分県下の自動車、半導体、建設、食品関連企業13社、大分大学で構成し、大分県産業創造機構の支援を受けています。事務局は日刊工業新聞社大分支局に置き、会員交流会、工場見学会、講演会のほか、優秀経営者顕彰への推薦など時宜にかなった諸活動に取り組みます。
2012年度の事業は、大分大学と共催で学生の研究発表会を行った「テクノカフェ大分」を開催(=写真左)したほか、エネルギー問題への関心が高まる中、電力会社から電力供給を受けない北九州市のスマートコミュニティ(次世代環境地域)創造事業などを視察した「北九州市視察交流会」(=同右)を開催しました。
今後は多方面で活躍する企業経営者を招いた「講演と意見交流会」、九州・山口産業人クラブとの交流会などを毎年計画していきます。
当クラブが発足した2012年3月には、モノづくり日本会議主催の「100年経営者の会キックオフ・地域フォーラム」も大分県臼杵市で開催されました。
全国の産業人クラブから交流の声をかけられる受け皿となるよう、大分から全国へ元気な情報を発信していきたいと考えています。

大分産業人クラブ事務局大分市長浜町1-12-3 日刊工業新聞社 大分支局
電 話:097-532-9451 FAX:097-532-9452

このページの先頭へ