全国の産業人クラブ

長野産業人クラブ

会長メッセージ

長野産業人クラブ会長 (株式会社羽生田鉄工所 羽生田豪太 社長)
長野県には、世界的に高度な製造技術を有する企業が多数あります。日本列島のほぼ中央に位置し、東京からも名古屋からも200キロメートル圏内にあり、高速道路などの物流面でも整備が進んでいます。2014年には北陸新幹線の延伸により、日本海地域へのアクセス向上も期待されています。
こうした環境の中で、研究開発型の自社製品開発企業だけでなく、加工組み立て型の産業の割合も67.8%と高く、全国2位の集積度となっています。精密工業や電気機械、一般機械、輸送用機械などに、その技術力が生かされています。
 ただ、長野県産業界も他の地域と同様、大きな転換点に立っています。リーマン・ショックや長引くデフレ、円高、製造業の空洞化、中国を含めたアジア新興国の台頭など、モノづくり産業を支える中小企業経営は荒波のまっただ中にあると言っても過言ではありません。こうした背景を踏まえて、長野産業人クラブは発足しました。
日本企業、モノづくり企業としての誇りを胸に、事業への情熱や真摯な姿勢を失わない「信州人」経営者が集う場を設け、相互研鑽を通じて次代を切り開いていくことを目指します。産業人クラブの活動を通じて、ビジネスチャンスを生み出せるように会員相互で努力していくことを目指しています。

会の紹介

長野産業人クラブは日刊工業新聞長野支局が事務局となり2010年12月に発足しました。長野県東部と北部の製造業を中心に組織しています。
経営者や後継者が主な会員で、若手経営者が多くを占めます。産業機械、金属加工、ファクトリーオートメーション装置、電気機器、OA機器など会員企業の事業領域は多岐にわたります。
長野産業人クラブでは中小製造業を中心とした若手を含む経営者、後継者が交流する場を設け、ネットワークを通じた相互研鑽やビジネス交流を進めています。
長野産業人クラブ事務局長野市大字栗田548-8 メイデンヘアー A309号室(日刊工業新聞社長野支局内)
電 話:026-219-3886 FAX:026-219-3897

このページの先頭へ