産業人フォーラム部会forum

「産業人フォーラム」は経営者、管理者としての人格、教養を高め、時代に即応した経営能力を養うことを目的に会員相互の理解と親睦を図り、友好関係の促進と情報の交換及び啓蒙を目的としています。

活動報告activities

【2021.2.16】大阪産業人クラブ産業人フォーラム部会、尼崎市立歴史博物館を見学

大阪産業人クラブ産業人フォーラム部会(阿形清信部会長=近畿刃物工業社長)は2月16日、兵庫県尼崎市の「尼崎市立歴史博物館」の見学会を行った。同部会ではこれまで国内の工場見学や海外視察などを行ってきたが、コロナ禍の影響もあり、2019年6月に実施した高知県での工場見学以来、約1年半ぶりの行事となった。当日は11人が参加。あいさつに立った阿形部会長は「高知視察以来、コロナ禍で行事が行えず皆さん、待ち遠しかったと思う。これからが始まりだ」と、久々の開催に喜びを隠せない様子だった。 見学会では同博物館学芸員の桃谷和則文化財担当係長が、日本の4大工業地帯の一つである阪神工業地帯の一翼を担い、工業都市として発展してきた尼崎市の主に近現代の変遷に関する講演会の後、桃谷係長の案内と解説を交え同市の近現代の歩みを示す展示物などを見学した。
講演では、臨海工業地帯を個人企業が開発したことや尼崎市の電話番号の市外局番が大阪市内と同じ06になったいきさつなど、社会科の授業で学ばなかった尼崎に関するエピソードがちりばめられたほか、別棟の産業資料展示室の「尼崎第二発電所タービンローター」収蔵の際、「壁を壊して搬入した後、原状復帰した」(桃谷係長)という裏話には驚きと笑い声が上がった。
今回は同市の産業的な遺産中心の見学だったが、参加者からは「尼崎発展の歴史がよく分かった」とした上で、同博物館では古代から近現代まで網羅されており、「あらためてゆっくり見に来たい」という声が聞かれるなど好評を博していた。

【2019.6.11】大阪産業人クラブ、高知県産業視察 技研製作所を訪問

大阪産業人クラブ(山口多賀司会長=非破壊検査社主)は6月11、12の両日、高知県産業の視察を実施した。機械や電機、耐震対策事業など各企業の経営者ら10人が参加。製造業で高知県唯一の東証1部上場企業で、工法革命と称されるインプラント工法で防災インフラを構築した技研製作所を訪問した。
田内宏明取締役から社の概要や歴史、防災インフラ対策などの説明を受けた後、工場内でインプラント工法に使用される機械や仕組みを見学した。
次の訪問では、戸田泰史高知県商工労働部工業振興課長から、県の産業振興計画の説明を受けた。高地県では、事業者の戦略策定改革と働き方改革の推進をはじめ取り組む六つの柱や、同県の企業立地政策や市場調査など補助事業や融資制度などが紹介された。
夕方の交流会(写真)では、高知県工業会(山崎道生会長=山崎技研会長)の役員をはじめ、7人の会員が合流した。阿形清信産業人フォーラム部会長(近畿刃物工業社長)が「今回の交流が大阪産業人クラブと、高知県工業会の今後につながる大きな機会となることを期待したい」と乾杯。箸拳や菊の花をはじめとした土佐のお座敷遊びも加わり、大いに盛り上がった。
翌日は室戸岬方面の観光組と黒潮カントリークラブでのゴルフ組に分かれ、好天に恵まれた高知の1日を満喫した。

役員officer

more

各部会紹介activities

  • 大阪産業人クラブ
  • 関西ビジネス研究会
  • ゴルフ部会
  • 女性部会
  • テクノロジー部会
  • 産業人フォーラム部会

新春互礼会bilateral meeting

more

入会申込enrollment

more

総会general meeting

more