ゴルフ部会golf

会員相互の親睦と健康増進をはかるため年3回関西の名門コースで開催しています。

ゴルフ

活動報告activities

【2022.6.28】【ゴルフ大会】大阪産業人クラブ 清水氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長룄アジア化成工業所社長)は、梅雨明けとなった6月28日、枚方カントリー俱楽部(大阪府枚方市)で第103回ゴルフ大会を開催した。山口部会長は「6月に梅雨が明ける想定外の気候だ。想定外のスコアで想定外の賞品を目指そう」と場を盛り上げた。
 同会場は日本のゴルフ伝承の一端を担ってきた井上誠一氏がコース設計を手がけ、スコアメイクの難しいコースとして知られる。大会の結果は、SEAVAC(兵庫県尼崎市)の清水博之社長がネット73・4(グロス89)で優勝した。
 表彰式で清水社長(写真右)は「非常に暑い中でのプレーだったが、僅差での優勝はうれしい」とトロフィーを手に喜びを語った。夏本番前にもかかわらず、今年一番の汗を流した1日となった。

【2022.3.16】【ゴルフ大会】大阪産業人クラブ 和田氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は3月16日、関西ゴルフ倶楽部(兵庫県三木市)で第102回ゴルフ大会を開催した。山口部会長は「本日は絶好の天気で絶好の気分。絶好のスコアを目指そう」とあいさつ。会場はヨーロッパの宮殿をモチーフに設計されたクラブハウスと、自然の地形を巧みに組み合わせた雄大なコースが特長となっている。
大会結果は近正(堺市西区)の和田祥一社長が、ネット73・6(グロス88)で優勝した。和田社長は「のらりくらりながらも、スコアをうまくまとめることができた」とトロフィーを手に笑顔で語った(写真右)。一足早い初夏を思わせる心地よい1日となり、参加者はさわやかな汗をながしながらのプレーを楽しんだ。

【2021.10.28】【ゴルフ大会】大阪産業人クラブ 清水氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は10月28日、奈良国際ゴルフ倶楽部(奈良市)で第101回ゴルフ大会を開催した。山口部会長から「同クラブは乗用カートが基本的になく、ゴルフの原点に戻ったコース。初心を思い出し、懸念されるコロナ禍の第6波を吹き飛ばして絶好のゴルフ日和を楽しもう」とあいさつした。大会は、SEAVAC(兵庫県尼崎市)の清水博之社長がネット73・2(グロス84)で優勝した。
清水社長は優勝あいさつで「前回の第100回記念大会は山口部会長が優勝だったが、前回優勝した部会長と同じ組でラウンドの優勝は喜びもひとしお」とトロフィーを胸にしながら笑みがこぼれた(写真)。古都奈良の市街地に展開する名門コースから若草山を望む、秋晴れの好天に恵まれた1日となった。

【2021.6.3】第100回記念ゴルフ大会 山口氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は、梅雨空の晴れ間となった6月3日、高室池ゴルフ倶楽部(兵庫県加東市)で第100回記念ゴルフ大会を開催した。1987年11月に西宮カントリー倶楽部での開催以来途絶えることなく、今回が節目の大会となった。通常の大会に加え、90―99回大会までの優勝者と準優秀者を対象とした10回ごとの「優勝カップ取り切り戦」も兼ねた。
成績は100回大会と取り切り戦ともにネット72(グロス90)で、部会長の山口伊太郎アジア化成工業所社長がダブル優勝に輝いた。山口社長は「歴史を感じる大会となった。101回以降も続けられる努力をしていきたい」と優勝の感謝とともに決意を語った。 記念大会の特別企画では、各組に加わった女子プロとのラウンドにプロとアマの違いを実感。表彰式では参加者をはじめ会員の各県の大阪事務所や全国の産業人クラブなどからの寄贈賞品に、入賞者は郷土色豊かな物産で大いに盛り上がった。

【2021.3.30】大阪産業人クラブゴルフ部会 高田氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は春らんまんの3月30日、ゴルフクラブ四条畷(大阪府四條畷市)で第99回ゴルフ大会を開催した。山口部会長が「今回は次の第100回記念大会で同時開催する優勝カップ取り切り戦の参加資格を得る最後の大会。密を避けつつ、満開の桜をめでる楽しい一日にしましょう」とあいさつした。
大会は、アジア化成工業所(京都府八幡市)の高田英伸取締役営業部長(写真右)がネット71・8(グロス103)で優勝した。高田取締役は「天候とメンバーに恵まれた。100回記念大会も大いに頑張りたい」と決意を語った。

【2020.8.7】大阪産業人クラブゴルフ部会 富士電熱開発社山口氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は、例年よりも1週間遅く梅雨が明けた猛暑の8月7日、茨木カンツリー倶楽部(大阪府茨木市)で第97回ゴルフ大会を開いた。山口部会長は「新型コロナ禍の中、ウイルス感染予防に加え、熱中症にも気を付けてプレーを楽しもう」とあいさつし、和やかにプレーが始まった。
結果は富士電熱開発社(大阪市鶴見区)の山口宣弘社長(写真左)がネット73・2(グロス96)で優勝、トロフィーを獲得した。山口社長は「名門の良いコースに緊張したが、同組で一緒にまわったメンバーの好スコアに引っ張られた結果」と喜びを語った。
新型コロナの影響で春から自粛ムードが続いたため、会員同士は久しぶりの再会。プレー談議に近況報告が加わり、会話の途切れない表彰式となった。

【2020.3.27】大阪産業人クラブ 第96回ゴルフ大会 三村氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は3月27日、田辺カントリー倶楽部(京都府京田辺市)で第96回ゴルフ大会を開催した。山口部会長が「新型コロナウイルスの影響で大変な時期ですが、記念の第100回にはずみをつける大会にしよう」とあいさつ。優勝はネット76・2(グロス105)の長浜製作所(大阪府高槻市)の三村昌弘社長(写真)に輝いた。
ニアピン賞も獲得した三村社長は「第80―89回までの優勝者と準優勝者が参加資格のある第90回記念大会グランドスラムでの優勝はあったが、単独の大会ではこれまで準優勝が最高。優勝は初めて」と笑みがこぼれた。  降水確率が100%の天気予報だったが、プレー中は天候が大きく崩れることもなく、満開の桜とツツジが咲き誇る中、花見気分の大会となった。恒例のコンペルームでの表彰式は中止し、入賞者は賞品とスコアを同封しての順位発表とした。

【2019.11.20】第95回 大阪産業人クラブゴルフ部会 ゴルフ大会
高田氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は11月20日、京都府城陽市の城陽カントリー倶楽部で第95回ゴルフ大会を開いた。山口部会長(写真左)は「安川勝大峰工業会長が昨年11月に急逝され、1年がたった。会長の思い出が多いゴルフ場での楽しいプレーを通じ、生前の会長を追悼する特別な大会としたい」とあいさつした。 秋晴れの1日となった大会の結果は、アジア化成工業所(京都府八幡市)の高田英伸取締役営業部長(同右)がネット72・8(グロス104)で優勝した。高田取締役は「皆さんがスコアを伸ばせない中、たまたま普段通りのプレーとハンディの妙で優勝できた」と笑顔で語った。 安川勝也大峰工業社長からは「(亡くなった)会長は湿っぽいことが大嫌いだった。プレーに対してあくなき努力と技術の向上を目指しいつも楽しい人だった」とゴルフのエピソードを交えつつ、謝辞を述べた。

【2019.7.18】第94回 大阪産業人クラブゴルフ部会 ゴルフ大会
村田氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は7月18日、美奈木ゴルフ倶楽部(兵庫県三木市)で第94回ゴルフ大会を開催した。当日は梅雨の真っ最中にもかかわらず、ほとんど雨に遭わず、ダブルぺリア方式で熱戦が繰り広げられた。大会結果はジロー(大阪市西区)会長の村田節子氏(写真左)がネット74・6(グロス95)で優勝した。優勝した村田氏は「昨今なかなか一番になる機会がなかったが、今回は久しぶりの優勝で本当にうれしい」と笑顔で語った。山口部会長から「この大会を続けて2年後の第100回まで頑張ろう」と令和最初の大会を締めくくった。

【2019.3.28】第93回 大阪産業人クラブゴルフ部会 ゴルフ大会
柿本氏が優勝

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は3月28日、桜が満開の田辺カントリー倶楽部(京都府京田辺市)で「第93回ゴルフ大会」を開いた(写真)。大会結果はネット71・8(グロス91)でユーシーエスシステム(大阪府四条畷市)の柿本馨社長が優勝した。 当日は一時雨の予報もあったが、スタート後から陽春の天候に恵まれ終日絶好のゴルフ日和となった。柿本社長は「何度かカップに嫌われるホールもあったが、恵まれたメンバーとの優勝に感謝したい」と笑顔で語った。 山口部会長からは「こうやって皆さんと楽しくゴルフが続けていられるのは、昨年11月に75歳で亡くなった大峰工業(大阪市北区)の安川勝会長が我々を見守ってくれているおかげ。これからも健康を保ち、このコンペに参加し続けましょう」と平成最後の大会を締めくくった。

【2018.11.15】大阪産業人クラブ・日刊工業新聞 合同企画 第92回ゴルフ大会

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)は11月15日(木)、田辺カントリー倶楽部(京都府京田辺市)で第92回ゴルフ大会を開催した。秋晴れで暖かく、コンディションは抜群。18人が熱戦を繰り広げ、グロス104、ネット72.8で湯口靖弘長浜製作所部長が優勝した。湯口部長は「社長の代役で急きょ出場することになったが、優勝できてうれしい。またぜひ参加したい」と語った。老若男女が集まった大会は賑やかに行われ、日頃激務をこなす経営者にはストレス解消ができる一日となった。

【2018.06.06】大阪産業人クラブ・日刊工業新聞 合同企画 第91回ゴルフ大会

大阪産業人クラブゴルフ部会(山口伊太郎部会長=アジア化成工業所社長)と日刊工業新聞社は、6月6日に太平洋クラブ六甲コース(兵庫県三木市)で第91回ゴルフ大会を開催した。当日は朝からの雨で天候には恵まれなかったものの、熱いプレーが繰り広げられた。 その結果、富士電熱開発社社長の山口宣弘氏(写真左)がネット76.0(グロス100)のスコアで優勝。準優勝は長浜製作所社長の三村昌弘氏、3位は三庄インダストリー社長の山本努氏がそれぞれ獲得した。 久々の優勝となった山口社長は「コースは難しかったが、無理せず我慢のプレーを続けたことが良かった。次回も優勝できるように頑張りたい」と喜びを語った。参加者がプレーを通じて分け隔てなく、楽しい一日を過ごした。

役員officer

more

各部会紹介activities

  • 大阪産業人クラブ
  • 関西ビジネス研究会
  • ゴルフ部会
  • 女性部会
  • テクノロジー部会
  • 産業人フォーラム部会

新春互礼会bilateral meeting

more

入会申込enrollment

more

総会general meeting

more