全国各クラブの活動報告

事業承継と人手不足 安藤企業庁長官が講演

東京産業人クラブ(寺町彰博会長=THK社長)は6月22日、東京都千代田区のホテルグランドパレスで「2018年東京産業人クラブ総会・講演会」を開催した。

総会では17年度の活動実績や決算を報告。18年度の事業計画及び予算案や役員体制について審議され、いずれも原案通りに承認された。閉会後、新潟産業人クラブの代表者から19年10月17、18日に新潟市で開催予定の「産業人クラブ全国大会」のPRが行われた。

講演会には経済産業省の安藤久佳中小企業庁長官が登壇(写真)。「中小企業・小規模事業者政策の展開~事業承継と人手不足を中心に~」と題して講演した。少子高齢化・人口減少が中小企業経営に与える影響を分析。政府の中小企業支援策を説明しながら、あらゆる企業の具体的な取り組みを紹介し、「IT活用などさまざまなテクノロジーを使って生産性を増やせるかが今後の課題になる」と構造変化に対する企業の対応を促した。

懇親会は後藤収関東経済産業局長、藤田裕司東京都産業労働局長らが来賓で出席し、終始和やかな空気に包まれた。


このページの先頭へ