全国各クラブの活動報告

首都圏の各産業人クラブ、合同地域間交流会を開催

東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城、新潟の首都圏の各産業人クラブは8月29日、伊豆栄梅川亭(東京都台東区)で「首都圏産業人クラブ合同地域間交流会」を開いた。最高気温34・6度Cと猛暑の中、37人が参加した。
新潟産業人クラブの井浦康晴会長(マックス開発会長)による乾杯の発声の後、参加者はあちこちで車座になり、うなぎ料理を食べながら、歓談に花が咲いた。
各参加者の自社紹介では全員に順番にマイクを回した。「昨年に比べて仕事量が大きく落ち込んだ。なんでもやるので仕事の相談を待っている」と話す経営者もいた。


このページの先頭へ